« February 2005 | Main | April 2005 »

久々の美食 in ITALY

先日イタリアはフィレンツェに行ってきた。直行便がないのでパリでトランジットをし、片道16時間くらいかかったけれど、楽しかった・・・なにもかも。街は綺麗だし男性はみなカッコよく見えるし、極楽でした。独身時代にも一度行った事があるのだけれど、今の年くらいになるとお金を気にせず美味しいものが食べられるのがいい。なんてったって旦那のお金だし(殴)

ガイドさんに教えてもらってディナーに行った店。そこのステーキ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風ステーキ)の美味しいことといったらもう!!! そしてサラダにオリーブオイルとバルサミコをかけ、ちょっと塩を振るだけでこれまた美味。これは塩が美味しいんだなぁ。買って帰りたかった・・・。

お店の名前は「オステリオ・ヌーメロウーノ」ヌーメロウーノとはナンバーワンという意味で、いやあ確かに美味しかった。サンタマリアノッヴェラ駅から歩いて7分くらい。そいでもってサービスもいいの。かわいいかわいいカメリエーレ(ボーイ)くんが食後酒とかサービスしてくれちゃって、そのうえオーナーがお土産にビスコッティまで持たせてくれたりして。ここのお店には最後の夜にも行きました。こんどフィレンツェに行ったらまた是非行きたい店ナンバーワン。

そしてもう一軒、ガイドさんが教えてくれたのが「ブッカマリオ」。ここは駅から5分くらい。ここのワインとカプレーゼ(モッツァレラチーズとトマトのサラダ)が美味しくってねぇ。やっぱり生のモッツァレラチーズは最高。美味しいものを食べている時はホントに幸せ。毎日モリモリそりゃもうイタリア人並みに食べました。


で、帰ってきたら体重増えてた・・・・。(涙)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

二度とエールフランスには・・・

雨季が近づき、ますます暑くなってきた今日この頃のベトナムです。

さて、先日ヨーロッパへ行ってきました。ここからなら日本からより近いだろうと思ったのに遠かった・・・・。なんとパリまで12時間。(日本からと変わらんじゃないか!)出国の時には審査官に根掘り葉掘り聞かれるし、その上あろうことか帰りの審査官も同じヤツ。またもや根掘り葉掘り聞かれ、夫に「気に入られたんじゃないの?」と言われる始末。いや実際そうかな~と思って怖かったんだけど。

しかしベトナムからヨーロッパなだけあって飛行機の中には日本人は皆無。スチュワードはフランス語で話しかけるし、英語も分かりにくいし、そして帰りはロストバゲージだし。私だけではなく現地で友人もロスバゲの被害にあい、その対応があまりにも酷かったので「エールフランスには二度と乗るもんか!」と皆で心に誓い合いました。なにしろ、友人の荷物がなかなか届かず、彼女が5日間同じ服を着なくてはならなかったにもかかわらず、エールから謝罪の言葉は一切なし。あれこれかかった費用を請求しようとしたら「届けたんだからエール側には一切責任ありません。」ときたもんだ。どうゆうことよそれ。って書いていたらまたもや怒りが・・・。

幸い私の荷物は帰国の翌日に届いたからいいものの、友人の知り合いの航空評論家の方によると、フランス人の東洋人蔑視は今も残っていて、その方も何度も嫌な目に遭遇されているとか。
そういや独身時代にフランスに行った時も、フランス語がわからなくて駅員に英語で嫌味を言われたっけ・・・。

ともかくもしも今度ここからヨーロッパに行くことがあったら私はルフトハンザにするよ。JALにしたいところだけれど、JALだと日本経由なんだもん。いくらなんでもそれは遠いだろう・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »