« March 2005 | Main | May 2005 »

ハウルの動く城

なにかと話題になった映画ですが、個人的には面白かったです。アテレコも、倍賞千恵子が17歳の女の子?と思ったけれど、それほどの違和感はなく、どちらかというと木村拓哉の方がアレでした。(詳しくは語りません)そして美輪明宏の”荒地の魔女”は素晴らしかった。もうピッタリ。

映画の内容自体はちょっとわかりづらかったけれど、ハウルがかっこよくてねぇ。いまだかつてジブリ作品にこんなにカッコイイ男の子がいたでしょうか?(いやいない) それだけでもちょっと楽しかったのと、あとは話のファンタジーっぽさが好みでした。”一体この映画は何をいいたいのか?”とか深いことを考えずに、軽い気持ちで見た方が楽しめるかもしれません。

そしてそして何よりよかったのが音楽。もちろん今回も久石譲氏が楽曲を担当しているのだけれど、ラピュタ以来、久しぶりにサントラを買おうかという気になりました。日本に帰ったらいろいろ買ってこようっと。(夏だけど。涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ルパン三世

最近こちらで手に入れた「ルパン三世」のDVDをよく見ている。かれこれ20年以上は前の作品だけれど全然古くない。さすがにアニメーションのレベルは今よりも低い時代ではあるけれど、音楽といい、演出といい、もの凄くカッコイイ。かの宮崎駿監督もルパンファーストシリーズの制作スタッフであり、名作と名高い「カリオストロの城」を制作している。(ルパンファンには評価が分かれるところらしいが)

そんなルパンシリーズをつらつらと見ていて驚いたのは「ロボット兵」なるものが出てくる話。ジブリの宮崎作品に出てくるロボット兵と造形が非常に良く似ている。そしてその操縦士の女の子がなんとナウシカにそっくり。これはファーストシリーズではないので、宮崎監督はタッチしていないと思うが、あまりの類似点にテロップの制作スタッフに宮崎監督の名前があるのではないかと思わず探してしまったほど。

まあそんなことはどうでもいいや。ともかく面白い。こんなに時代が変わっているのに古臭さを感じさせないアニメなんてそうそうあるもんじゃない。そしてやっぱり故山田康雄氏が素晴らしい。栗貫が下手というわけではないけれど、ルパンの声にはやっぱりこの人だなぁとつくづく思ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2005 | Main | May 2005 »