« April 2005 | Main | June 2005 »

ハガレン

「鋼の錬金術師」のDVDを見かけ、つい買ってしまいました。
コミックスは7巻まで読んだけれど、あれですか?アニメはストーリー違うんですか?
7巻を読んだのもはるか昔なので記憶が定かではないんですが、微妙に脚色されているコミックス版のエピソードのほかに、「あれ?知らないなこれ」というエピソード多数・・・。と思ってネットで検索したら、やっぱりアニメは独自路線みたいですね。

まだ16話くらいまでしか見ていませんが、コミックス版で私が好きだったユーモアセンスがいまいち活かされてなくてちょっと残念。全体に流れる重くて暗いテーマの中であのユーモアが救いだったんですが。映像という手段の中で表現するのはなかなか難しいのかもしれません。でもアニメ版がどう流れてどう終結するのかは楽しみなところです。

それから「ケロロ軍曹」のDVDも発見。日本でもチラッと見ていたのですが、改めて見てあまりのバカバカしさに大笑い。
それにしてもあのオープニングの歌は秀逸です。毎日頭の中をぐるぐる流れています。(大笑い)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セカチュー(ドラマ)

お友達のマダムからDVDを借りて見ました。
う~ん。本を読む気にはならなかったけれども、ドラマはまあよかったかな。というのも、80年代という時代が私にとって懐かしい時代だからかも。小道具がねぇ懐かしくって。(そこか?)
お話としては悲劇の王道。サクとアキの演技は素晴らしかったと思う。
それから双方の両親、恩師や友人たちとの絡みもよかった。映像も美しかった。

でも白血病のドラマといえば私にとっての金字塔は6月にリメイクされて放送される「赤い疑惑」。(年がバレるな)
不慮の事故で不治の病になり、その上愛した人が異母兄弟。これでもかという不幸のてんこ盛り。最後ヨットの上のシーンでは泣きましたとも。
そういえばアキのお父さん役は「赤い疑惑」で光夫役だった三浦友和でしたね。お母さんは手塚理美。そして恩師役に松下由樹。朝のドラマでは酒井法子がお母さん役だし。(それにしても若すぎるけどね)
かつてのトレンディドラマの主役たちが、今の主役たちの親役とは・・・・。
時代の流れを感じるなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

解放記念日

去る4月30日はベトナム戦争が終結し、30周年の解放記念日。そして3連休。数日前から街行く人々がなんだかソワソワしていて、街全体がお祭りモード。記念パレードのための通行規制のリハーサルまであったりして、準備万端。
そしていよいよ迎えた30日。お風呂から上がるとバーンバーンと音が。リバーサイドで日本で見るのと遜色のない花火が盛大に上がっていました。ここでこんなに綺麗な花火が見られるなんて、ちょっと感激。この日は夜中の3時くらいから通行止めだったため、翌朝はいつもの喧騒が嘘のように静かでした。パレードは戦車も出たりしてちょっとすごかったらしい。(←あまりに人が多すぎて行くのを断念した人)

そしてこの連休はマダムのみなさまの多くは、ベトナム国内のリゾートへ出かけたり、シンガポールやタイなど近隣の国へショートトリップへお出かけ。私は気づいたのが遅く、「もうカントー(メコンデルタ方面)くらいしか残ってないよ。」と言われ、仕方なく市内のホテルに2泊。でもこれが意外とよかった。ベトナムへ遊びにくるとこんな感じなんだ~、とちょっと旅行者気分を味わいました。

それにしてもこちらに来てはや8ヶ月弱。「タイやシンガポールはおろか、ベトナム国内リゾートにも一度も行ってないってどういうことよ。私より後から来たマダムだってもう2回や3回は行っているのに。」と夫に言ったら「君はイタリアに行って来たでしょう。」と言い返されてしまった。ああグゥの音もでない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »